通貨の金利差で儲けを出す

デイトレードと呼ばれている取引方法は、一日の中で最も利益が出ると考えられる大きい波を予測し取引をする必要があります。
そしてその波の時間帯を探し出すことが、このデイトレードでは最も大切なこととなります。

 

FXの取引に対してそこまで時間をかけられない場合、または気長に慎重に資産を増やしたいと思っている人が多くいます。
そのような人に適している取引スタイルがスワップ狙いとなります。

 

FXというのは決して難しく考える必要は無く、FXは誰でも取引をすることが出来ます。
しかし取引前には知っておかなければいけないことがあるのです。

 

スワップ狙いを進めていくことによって、利益として大きく望むことは正直出来ないことでしょう。
しかしレバレッジの設定を1〜3倍程度の取引をすることによって、通貨の金利差で利益を出すことが可能なのです。



通貨の金利差で儲けを出すブログ:2019-10-10

「食べること」と「食べないこと」では
どちらの方が痩せるでしょうか?
…という質問をしたら、ほとんどの人は、
「食べないこと」と答えるでしょう。

わたくしも昔は、そう思っていました。
実際、食べなければ、
2日みっかで
5kg〜5kgは簡単に痩せますからね。

この思い込みから、
多くの人は食べない減量を始めます。
そして、すぐに痩せ始めます。
当然ですよね。
体質にエネルギーを入れずに、どんどん使うのですから…

しかし、人間の体質は良く出来ていて、
体質に蓄えていたエネルギーが突然減り始めると
エネルギーの節約が始まり、入ってきた食べ物から少しでも
エネルギーを取り込もうとし始めます。

このため、徐々に痩せにくい体質に変化し、
一生懸命に減量しても、
体重の減らない時期が始まります。
これが、停滞期の正体なんです。

さらに、十分にご飯を食べていないと、
栄養不足にもなってしまいます。
炭水化物などの消化は、
色々な栄養素が複雑に絡み合って行われているので、
栄養が不足していると、消化が十分に行われなくなるんですよ。

だから、
ちょっとしか食べていないのに、
体重が増えるという現象が起こるのです。

好きなおかしも食べられない。
でも、体重は減らない。
ちょっとでもご飯を食べると、
体重は簡単に増えてしまう。
どんどんストレスはたまり、ついには減量を断念!
そして、リバウンド。

このように
食べない減量は、
リバウンドを起こすと同時に、痩せにくい体質を作り出すのです。

一方、規則正しい食生活を送れば、
ストレスも溜まりにくくなり、
さらに太りにくい体質になれるのです。

・・・と、書いてみるテスト